シャネルのこだわりとブランド戦略

シャネルの歴史

日本の成人でシャネルを全く知らないという人は、ほんの一握りしかいないでしょう。 それだけ知名度が高いシャネルですが、感覚的にはバッグのメーカーだと思われてしまっています。 歴史を紐解けばシャネルは、ココ・シャネルが帽子屋として開業したところから始まります。

エルメス 買取
http://www.celeb-brand.com/lpo/buy/
エルメス買取の【セレブブランド】ブランド品の高額買取・委託販売

そして、それから5年後にオートクチュールのデザイナーとしてデビューすることになるのです。
香水を販売していたり、アクセサリーの販売も行っていたりしますが、これもシャネルが掲げる女性像があるためで、常に斬新なアイデアを提案してきているといえるでしょう。

シャネルのこだわりといえば、モデルが皆痩身であるということかもしれません。
ココ・シャネル自身もやせ形であったことからということが言われますが、モデルに選んだ人たちも痩身だったのです。
常にそういった体系を選んでいったことから、ファッションモデルは痩身が美しく見えるといった概念が出来上がっていったのです。
近年、それがすべてではないといった議論もなされたりすることもありますが、今でもファッションモデルの体系は痩身が美しいとされているといえるでしょう。

シャネルのブランド戦略は、価値を下げないということに尽きるでしょう。
どんなものを出しても、シャネルの名前を付ける以上、価値を引き上げる努力をしていきます。
その代わりに、単価は決して下げていきません。
価値を上げるためには、大量生産をすることもありません。
常に少量生産であるがゆえに、なくなれば終わりです。
その価値観の高さがシャネルというブランドを、大きく羽ばたかせたといえるでしょう。

「モード、それは私だ」といった言葉があります。
シャネルのブランド戦略を正確にいった言葉です。
高い価値を創造し提供する、購入者のあこがれとなるラグジュアリーなファッション。
これを実現しているのが、シャネルであるといえるのです。